Druapl Business

次世代デジタルマーケティング

open Marketing Cloud

概要

次世代型オープンソースCMSであるDrupalは、世界で100万を超えるWebサイトのプラットフォームとして稼働し、フォーチュン50の40%以上にデジタルマーケティングの中核技術として採用されています。世界中の企業が、AWSにDrupalをホストし、様々なSaaSを組み合わせて、グローバルに俊敏で柔軟性のあるデジタル体験を提供しているのです。

2001年に登場したDrupalは現在、Adobeなどのスイート製品と匹敵する機能と実績を合わせ持つエンタープライズ向けソリューションとして世界でシェアを拡大しています。また、Drupalの付加価値サービスを提供する米国企業のAcquiaは、GartnerのWEM(Webエクスペリエンス管理)マジッククアドラントにおいてオープンソースCMSでは唯一リーダーに選出されており、GEやJ&Jなどの大企業を中心に、テスラやツイッターなどの新興企業にも好まれ、日本国内においても大手や中堅企業による導入事例が増加しています。

1社によってモノリシック型で提供されるスイート製品か、あるいはDrupalをハブに、様々なSaaSを組み合わせて、ビジネスの変化に俊敏に適応するマイクロサービス型のマーケティングクラウドを選択するか?企業のマーケティング部門やIT部門とって、これはマーケティングテクノロジー戦略の要となります。

今回が第2回となる「D-BUSINESS 2015 Autumn in Tokyo」 セミナーは、デジタルマーケティングをテーマに国内外からゲスト講演者を迎えて、オープンソースやクラウドによるマーケティング変革の潮流を各社のソリューションや最新事例を織り交ぜてご紹介させていただきます。日本からは第1回でもご登壇いただきましたGMOペイメントゲートウェイ、アンダーワークス、マルケトに加えて、翻訳をクラウドソーシングで提供するエニドアにご講演いただきます。

米国からはDrupalの付加価値サービスを提供するAcquiaと、アイデンティティ管理クラウドを提供するJanrainに、欧米での最新事例やソリューションについてご講演いただきます。ホワイトハウスがDrupalを採用しているのは有名な話ですが、講演者であるAcquiaのDavid Petersonは、Drupalを全面採用したオーストラリア政府のGovCMSソリューション設計責任者であり、本講演ではDrupalとクラウドによるパーソナライズされたデジタル体験の提供についてお話いただきます。

デジタルマーケティングは今や、業種に関係なくすべてのビジネスパーソンが最重要課題として捉えるべきテーマです。デジタルとDrupalの今と未来を伝える「D-BUSINESS 2015 Autumn in Tokyo」に、ぜひ奮ってご参加ください。

D-BUSINESS主宰、CI&T株式会社 カントリーマネージャー 上田 善行

名称 D-BUSINESS 2015 Autumn in Tokyo
日時 2015年11月12日 木曜日 開場13:30 開始14:00 終了18:30
会場 アマゾン目黒オフィス (東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー19F)
交通手段 JR・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営地下鉄 三田線「目黒駅」より行人坂を下って徒歩5分 (目黒雅叙園となり)
参加料 無料
対象 デジタルマーケティング・Web戦略の企画立案や開発運用に関わる方
定員 120名(定員オーバーの場合は抽選とさせていただきます。)
主催 CI&T株式会社
共催 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
協賛 Acquia Inc. / Janrain Inc. / GMOペイメントゲートウェイ株式会社 / アンダーワークス株式会社 / 株式会社エニドア / 株式会社マルケト
協力 株式会社翔泳社


「D-BUSINESS」はCI&Tが主催する企業向けDrupalセミナーの決定版です。デジタルマーケティングにおける重要なプラットフォームの1つであるDrupalと連携ソリューションの最新情報を年に2回のペースでお伝えしています。「BUSINESS」の名の通り、ビジネス(マーケティング部門や情報システム部門管理職)向けのセッションが中心となり、各社ソリューションや導入事例のご紹介を通じて、企業のマーケティングテクノロジーに新しいアイデアや解決策、そして選択肢をご提供しています。

こんな方はぜひご参加ください

  1. デジタルマーケティング全般をご検討の皆様
  2. デジタルマーケティングのコンサルをご検討の皆様
  3. CMSやECの導入またはリニューアルをご検討の皆様
  4. マーケティングオートメーションの導入をご検討の皆様
  5. CMSやECで利用するインフラの刷新をご検討の皆様
  6. ECなどグローバルの決済に課題がある皆様
  7. インバウンド対応やグローバルWebの翻訳に課題がある皆様
  8. ご利用中のCMSやECで柔軟性や拡張性に課題がある皆様
  9. グローバルWebサイトの構築や運用保守で課題がある皆様
  10. Drupalの導入をご検討の皆様
Move Down

プログラム



Schedule

  • 受付・開場

  • オープニング
    CI&T株式会社 カントリーマネージャー 上田 善行氏

  • 第1部「デジタルマーケティングの新潮流」
    アンダーワークス株式会社 代表取締役社長 田島 学氏

  • 第2部「Drupalではじめるデジタル体験管理」
    CI&T株式会社 デジタル戦略ディレクター 門別 諭氏

  • 休憩

  • 第3部「Personalisation in the Open Marketing Cloud」(通訳有)
    David Peterson, Senior Solution Architect, Acquia Asia Pacific & Japan Inc.

  • 第4部「マルケトが拓く"エンゲージメントマーケティング"」
    株式会社マルケト VP 戦略・ビジネス開発担当 小関 貴志氏

  • 休憩

  • 第5部「Marketing Continuity and the Connected Customer - Behind the Scenes」(通訳有)
    Steve Maseli, Vice President Asia Pacific, Janrain Inc.
    Manuel Cruz, Senior Solution Engineer, Janrain Inc.

  • 第6部「アジアのEC事情と海外展開成功のポイント」
    GMOペイメントゲートウェイ株式会社 グローバル・ビジネス統括部 統括部長 井本 康夫氏

  • 休憩

  • 第7部「多言語展開のためのバイリンガルクラウドソーシング活用法」
    株式会社エニドア 代表取締役 山田 尚貴氏

  • 第8部「デジタルビジネスを加速するAWSプラットフォームと活用事例」
    アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ストラテジックアライアンスマネージャー 野間 俊史氏

  • エンディング
    CI&T株式会社 カントリーマネージャー 上田 善行氏


    プログラムは予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

Move Down

スピーカー

アンダーワークス株式会社 代表取締役社長

田島 学 - MANABU TAJIMA

早稲田大学政治経済学部卒。アクセンチュアにてCRM戦略立案等に従事。独立コンサルタントを経て、2006年にアンダーワークス株式会社を創業。金融・情報通信・ヘルスケア・製造業等のWeb戦略/デジタルマーケティング戦略立案、顧客分析、テクノロジー活用、CRM等多くのプロジェクトに携わる。

第1部「デジタルマーケティングの新潮流」

CI&T株式会社 デジタル戦略ディレクター

門別 諭 - SATORU MONBETSU

キノトロープなど国内有数のウェブ制作会社にて、数多くのCMS及びEC導入プロジェクトを牽引し、2015年からCI&Tに参画。現在は日本国内においてデジタル戦略コンサルティングを担当

第2部「Drupalではじめるデジタル体験管理」
スマートフォンや顧客ニーズの多様化により企業がユーザーに行うべきことが大きく変わってきています。企業が行うべきことは、ユーザーに接するすべてのチャネルを活用し最適なデジタル体験を提供することになります。本講演では、次世代型オープンソースCMSとして、欧米で不動の地位を獲得しているDrupalのデジタル体験管理について、サイト管理の基本から拡張モジュールを利用した他システム連携までデモを交えながらお話します。

Senior Solution Architect, Asia Pacific & Japan, Acquia Inc.

デビッド・ピーターソン氏 - DAVID PETERSON

David Peterson is the Senior Solution Architect for Acquia Asia Pacific and Japan. He leads the team's strategy and implementation with new and existing clients. David has over 17 years experience in the online space and over 7 years with Drupal. He has lead some of the largest Open Source projects in the APJ region along with being the lead Architect and Security Consultant on the govCMS project with the Australian Government. David lives on the Sunshine Coast in Australia with his wife and four children. In what little spare time he has he enjoys tinkering with robotics, REST APIs and Graph Databases -- someday he plans on creating something amazing with all of them ;)

第3部「Personalisation in the Open Marketing Cloud」(通訳有)
The days of “one-size-fits-all” marketing are over, and hyper-personalisation is the new norm. Digital marketers and site owners are being asked to do more with less to engage customers, segment their audience, and offer highly tailored content. Today’s sophisticated consumers, thanks to personalised sites like Netflix or Amazon, are accustomed to a new level of engagement that seems to have been built with them in mind. Join me to learn how Acquia is empowering marketers and site builders to build personalised digital experiences from the ground up with adaptive learning, new and engaging campaigns and content, increased conversions and revenue, and improved engagement.

株式会社マルケト バイスプレジデント 戦略・ビジネス開発担当

小関 貴志氏 - TAKASHI OZEKI

1971年東京都生まれ。1994年中央大学経済学部卒業、日本電気入社、システム営業に従事。その後デル、セールスフォース・ドットコムでインサイドセールス部門、営業部門、オンラインマーケティング、営業教育部門のマネジメントを歴任。日本企業に力を与えるために最も貢献できるエリアが、マーケティング領域のイノベーションであると確信し、2014年6月より現職。

第4部「マルケトが拓く"エンゲージメントマーケティング"」
マルケトが提案する“エンゲージメントマーケティング”とは、お客様のインターネットでの情報収集段階から個客ごとにコンテンツを最適化すると同時にそのレスポンスから、関心度や購入意志の変化をとらえて、個客との関係性を構築し深化していくマーケティング戦略です。本講演ではビジネスの現場でマルケトがどのように活用されているのか、マルケトによってマーケターの仕事がどのように変革されるのかをご紹介します。

Vice President Asia Pacific, Janrain Inc.

スティーブ・マセリ氏 - Steve Maselli

企業向けSaaS及びクラウドソリューションの黎明期から関わり、日本では15年前にJCBにてJ/Secureの立ち上げを行う。直近の4年間は米セールスフォースにてHP、Samsung、Informaticaとの戦略パートナーシップの指揮を執る。現在はJanrainのアジア太平洋地域担当副社長として、同地域におけるJanrainのビジネス全般の責任者である。
Steve Maselli is Vice President, Asia Pacific at Janrain, and is responsible for Janrain's business across the Asia Pacific region. Steve started working with enterprise SaaS/Cloud based solutions at their inception close to fifteen years ago when he worked with JCB to launch its J/Secure program in Japan. Most recently, he spent four years at Salesforce where he spearheaded the company's strategic partnerships with companies like HP, Samsung, and Informatica.

第5部「Marketing Continuity and the Connected Customer - Behind the Scenes」(通訳有)

Senior Solution Engineer, Janrain Inc.

マニュエル・クルーズ氏 - MANUEL CRUZ

Manuel has been a Sales Engineer and Product Manager within the Financial Services, CRM, and Telecommunications industries over the past twelve years, and has extensive experience selling and deploying web- and telephony-based solutions within large companies like AT&T, Wal-Mart, Banamex, Telcel, and Mondeléz. As a Solutions Engineer with Janrain, Manuel has worked closely with global enterprise customers across the US and Asia helping deliver technical and digital strategy to HTC, Qantas, and Coca-Cola Australia. He received his B.S. from Yale and his Ph.D. from UC Berkeley. Areas of expertise include product roadmap management, project management, 3rd party software integration, technical writing, and curriculum design.

第5部「Marketing Continuity and the Connected Customer - Behind the Scenes」(通訳有)

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 グローバル・ビジネス統括部 統括部長

井本 康夫氏 - YASUO IMOTO

通信キャリア、モバイルプラットフォームの企業にて、 マーケティング・海外展開事業に従事。2013年GMOペイメントゲートウェイ株式会社へ入社。現在はグローバル・ビジネス統括部で、主に東南アジアへのEC・オンライン決済事業拡大に向けた海外事業開発を担当。

第6部「アジアのEC事情と海外展開成功のポイント」
越境・海外現地ECを成功させるためには、国ごとに異なる主要な決済手段や現地トレンドを把握することが大切です。 当社は成長が著しいアセアン地域を中心にサービスを展開しており、セミナーでは現地のEC市場やオンライン決済事情についてご紹介いたします。 また海外展開の際に実務面で押さえておくべきポイントを、事例なども織り込みつつ解説していきます。

株式会社エニドア 代表取締役

山田 尚貴氏 - NAOKI YAMADA

1982年7月1日生まれの33歳。神戸市出身。2003年、米パサディナ市立大学卒業。05年、米カリフォルニア州立大学ロングビーチ校卒業(起業経営学、会計学専攻)。05年、アルペントラベル入社。06年、NTTPCコミュニケーションズにSEとして入社。09年、エニドアを設立。クラウドソーシングによる翻訳サービス事業を手がける。

第7部「多言語展開のためのバイリンガルクラウドソーシング活用法」

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 パートナー・アライアンス本部 ストラテジックアライアンスマネージャー

野間 俊史氏 - TOSHIFUMI NOMA

第8部「デジタルビジネスを加速するAWSプラットフォームと活用事例」

Move Down

チケット

Move Down

スポンサー

  • 主催

  • 共催

  • 協賛

  • 協力

Move Up

アマゾン目黒オフィス

〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー19F アマゾンウェブサービスジャパン株式会社

交通手段:JR・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営地下鉄 三田線「目黒駅」より行人坂を下って徒歩5分 (目黒雅叙園となり)

Move Down

お問い合わせ

CI&Tについて

CI&Tはデジタルソリューションの専門家集団として、コカ・コーラ、グーグル、J&J、ウォルマートなどのリーディング・カンパニーの成長と革新に向けたイニシアチブを支援しています。CI&Tは1995年に設立され、世界各地に分散する2000名強のメンバーが、80社以上のグローバルブランドへサービスを提供しています。  www.ciandt.com